元金を減らす・残すメリット

東京スター銀行では、預金連動型で住宅ローンの金利が実質0になるというのは、すでに紹介したとおり。
その中で、元金を減らすメリット、元金を残すメリットをお伝えしておきましょう。

手元に余剰資金ができたとき、通常の住宅ローンでは、繰上返済をして元金を減らし、返済負担額を軽くする……というのがセオリー。

でも、東京スター銀行の場合は、
預金にしてしまうことで、その預金額分の住宅ローン金利を0にし、手元資金を持つ安心感と、金利負担ゼロの両得を得ることができますね。

ただ、メンテナンスパックの率は残高に応じてかかってくるので・・・

実質金利0になっていても、
全くの無料ではないというのが注意点です。

では、やっぱり繰上返済してしまった方がいいの?という堂々巡りになってしまいそうになります。

これは考え方ひとつなのですが、元金を減らしてしまうというのも、本当に身軽になるという意味ではメリットです。
そして、手元に現金がある安心感とは別の観点からの、元金を残すメリットがもう一つあります。

それは、住宅ローン控除
住宅ローン金利が実質ゼロだったとしても、残高は残っているわけですから、住宅ローン控除は全額受けることができるのです。

大きな自己資金を用意できる場合、最も金利が低い住宅ローンになりつつ、控除を受けることもできる、何トクもあるローンとなる可能性が十分にあるのです!