デメリットは?

さあ、ここまで、東京スター銀行の「スターワン住宅ローン」のメリットを数多く紹介してきました。
こんなにいいことずくめのローンってないんじゃないか?
そう思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

東京スター銀行の場合、メリットを受けられる方とそうでもない方の差が大きいのがデメリット。
メリットのある人にとっては、これ以上いいローン商品はないのですが、メリットが少ない方の場合、逆に支払金額が大きくなってしまうのです。

その見極めどころはどこでしょう?
それは、自己資金の割合。

東京スター銀行では、物件価格の70%までの融資というのが基本スタイルです。
他行は100%融資が基本ですから、結構厳しいスタンスですよね。
最初の融資の段階で、自己資金を持つ富裕層へアプローチしている訳です。

そして、他行でよくある、金利優遇制度がありません。
他行は、大体が店頭表示金利から、審査のうえ優遇利率を決め、1%前後で融資をするのが通常のスタイルです。

ところが、東京スター銀行では、店頭表示金利がそのまま融資金利となります。
ところが、預金をすれば、その分の金利が0になる……
借入金額と、いくらの預金を持てるかで、メリットの出具合が変わるのです。

シミュレーションは必須ですよ!