住信SBIネット銀行は、つなぎ融資は使える?

住宅を買う上で、「つなぎ融資」という言葉を耳した事はありませんでしょうか?

もしかしたら、建売住宅や、マンションなどを購入された方は聞きなれない言葉かもしれませんが、注文設計で家を建てていらっしゃる人は、このつなぎ融資を使っている方も多いかもしれません。

住宅の取得には、色々な種類がある事は、もうご存知かと思います。中古、新築でのマンションや戸建てなど、その人が希望する物件は様々ですが、このつなぎ融資を使えるか使えないかで、住宅ローンを決めないといけないシーンも出てくるかと思います。

 

つなぎ融資とは?

つなぎ融資とは、正式な住宅ローンが開始されるまでの間、別のローンを一時的に借り入れる融資のことを言います。

なんでそんな事が必要なの?と思う方もいらっしゃると思いますが、住宅ローンは、すでに完成した住宅に対して抵当を設定するので、まだ、家や建築物が完成してない場合は、融資が実行されないのです。

しかし、実際には建築会社と契約はすみ、工事を実施している為に、その建築会社に対しては、施工の進行状況に応じて、契約金額を払わないといけない場合がほとんどです。(なかには、全額を建設会社が持ってくれて、施工完了後にお支払いの場合もあります。)

その期間だけ、支払いに充てる事を目的としてのローンをつなぎ融資やつなぎローンなど(英語ではブリッジローン)と言います。

 

つなぎ融資を利用する際の簡単な流れと必要書類

つなぎ融資に関しては少しご理解頂けましたでしょうか?

このつなぎ融資があるとなしでは、家を建てる際に大きな計画変更などが必要になってくる場合があるのです。

それでは、このつなぎ融資は、どのような手順で使われるのでしょうか?

今後家を建てる場合の事も考えて、知っておかれた方がいいと思いますので、簡単ではありますが、ご説明致します。

 

★必要書類★
※各つなぎ融資を借り入れできる機関で変わってくる場合あります。必ずその銀行などに確認してください。

  • 建築確認申請書(1面~5面)コピー
  • 建築確認済証コピー
  • 建築確認申請書に添付した配置図・平面図・求積図コピー
  • 土地不動産売買契約書コピー
  • 土地重要事項説明書コピー
  • 工事請負契約書コピー
  • 着工検査書類コピー
  • 中間検査書類コピー・・・など

 

★掛かる費用★
※各つなぎ融資を借り入れできる機関で変わってくる場合あります。必ずその銀行などに確認してください。

  • 印鑑証明、住民票などの書類
  • 申込みの印紙(2万円ほど・借入額により異なる)
  • 融資の手数料(数万円)
  • つなぎ融資の利息
  • 振り込み手数料・・・など

 

つなぎ融資が通れば、あとは建築会社につなぎ融資で費用を支払い、住宅が完成した後、登記を済ませて、その住宅を担保に実際の住宅ローンを組んで、今度はその融資から、つなぎ融資で借りたお金を返済していく形になります。

つなぎ融資は、金利が若干高めの場合が多いのも特徴ですので、必ず各銀行や機関で、確認や調査を行ってください。

 

住信SBIネット銀行住宅ローンはつなぎ融資は使える?

今まで、色々書いてきましたが、実はこのつなぎ融資、全ての銀行や機関で利用できる訳ではありません。

このローンを利用できるサービスを有している銀行や機関のみのサービス、つまりその銀行や機関次第になります。

では、住信SBIネット銀行住宅ローンはどうかというと・・・残念ながら、つなぎ融資を取り扱ってないのです。

住宅ローンの金利が安いので、どうしても住信SBIネット銀行住宅ローンにしたいのに、つなぎ融資がないと、建築会社がOKを出してくれない・・・なんて事もあるかもしれないのが、非常に残念な事ではあります。

ただ、相談すると建築会社からOKを貰えるケースもあるようですので、そのあたりは、交渉されるといいかもしれません。

泣く泣く諦めなくてなならないという方は、金利が低く、つなぎ融資もあるイオン銀行をおすすめ致しますので、ご検討されてはいかがでしょうか?

↓ ↓ ↓

つなぎ融資を組むならイオン銀行住宅ローン~つなぎ融資とは?金利は?

住信SBIネット銀行住宅ローンにもつなぎ融資のサービスが追加される事を強く望みたいですね!