住宅ローン金利プラン~固定金利~

ソニー銀行住宅ローンの固定期間プランとは、決まった期間だけ、金利を固定することのできるプランです。
固定金利適用期間中は、金利は変わりません。

ソニー銀行では、この固定期間が豊富で、2・3・5・7・10・15・20年、20年超(全期間)のいずれかの期間をお選びいただけます。

固定金利期間20年超(全期間)は、お借り入れ残存期間が20年超(残存返済回数241回以上)での選択となり、最終の約定返済日(全期間)まで適用金利はそのままです。

固定期間が経過すると、自動的に変動金利プランに切り替わります。
再度、固定期間を選択するか、もしくはそのまま変動金利プランでしばらく様子を見るという事ができます。この場合、手数料は不要です。
再度、固定金利を選択する場合は手数料がかかる銀行が多い中、これもサービスメリットですね。

また、ソニー銀行ならではのサービスとして、固定金利期間中でも、変動金利、または、他の固定金利期間に変更することができます。
(所定の手数料がかかります。期間や金額によって変わりますので、フリーダイヤルにてお問い合わせください)
通常は固定期間中は金利タイプや期間の変更はできないので、これも大きなメリットですね。

この固定期間選択プランの一番のメリットは、決まった期間だけ金利を固定でき、また、その期間もフレキシブルに選べるところ。
また、固定したからといって、その期間に縛られることがないのがソニー銀行の住宅ローン金利プランなのです。