ソニー銀行の審査は?

⇒ 他の銀行の住宅ローンの審査や審査基準 もチェックしましょう!

みずほ銀行住宅ローン 三菱東京ufj 住宅ローン 三井住友銀行住宅ローン
住信SBI 住宅ローン SBI 住宅ローン 新生銀行住宅ローン
楽天銀行住宅ローン イオン銀行 住宅ローン 東京スター銀行住宅ローン


 

ソニー銀行の審査は厳しい?甘い?
住宅ローン窓口担当者の目線から、ソニー銀行住宅ローンの審査について解説いたします。

そもそも、【審査】って一体どうすればいいのでしょう?
まず、ソニー銀行では借り入れのできる物件とそうでない物件があります。

申込人本人が住む、新築物件の購入、中古マンションの購入、住宅の新築、増改築のための資金およびお取り扱い手数料。借り換えにもご利用いただけます。マンション以外の中古物件の購入は借入ができません。

また、ソニー銀行での審査入口には窓口がありません。
申込から契約まで、すべてをインターネット上で行い、専任のローンアドバイザーが契約手続きを最後までサポートしてくれます。

書類関係を郵送しなければならず、若干その書類も多いので、そこが一番大変だったという口コミが多い反面、平日に時間をとりにくい方や共働きの方には好評のようです。

また、郵送の時間がかかってしまう分、審査に時間がかかってしまい、取引を急がれる物件には不向きです。
不動産業者が間に入ってくれることもないため、すべて自主的に動かなければなりません。
不動産業者と、どの金融機関でローンを組むか、しっかり相談してくださいね!

また、ソニー銀行の場合、審査が若干厳しめとの声があります。
ネットと郵送を主体にする他の銀行でも同じ傾向があるのですが、窓口が無い分、勤務先や返済比率など、書類上で判断できるものに頼り、審査が厳しくなるといったところではないでしょうか。

その分、金利の安さは業界内で定評がありますし、諸費用が安く済むのも魅力です。
一行だけに審査依頼するのではなく、相見積のつもりで提出するのも一つの手ですね。