私が「ソニー銀行住宅ローン」について解説します。

ソニー銀行住宅ローン

ソニー銀行住宅ローンソニー銀行と言えば、誰もが知る大手ネット系銀行。
金融緩和政策で、新規参入銀行が増えた際によく取り上げられていました。覚えていらっしゃる方も多いのでは?

そんな新規参入銀行の中でも、抜群の安定感を誇る銀行の一つです。

ソニー銀行強みは何と言っても、預金、運用の一元化と、セブン銀行等との提携を通じたチャネルの多さです。

最大のメリットは、その金利の安さ!

そんなソニー銀行の住宅ローンは、住宅ローン比較サイトの中でも光る存在。
最大のメリットは、その金利の安さ!
ネット銀行らしく、窓口は都心のほんの一部のみに限られており、ほとんどの方の窓口は電話とインターネット、書類のやりとりは郵送となります。
その分、コストを抑えられ、それが金利の安さとなって反映されているのです。

窓口がないのも、考え方ひとつ。
仕事で忙しい方だと、むしろ、来店せずに申し込みから契約まで終えることができるのは、大きなメリットではないでしょうか。

また、窓口が無い分、金利プランもごくシンプルでわかりやすいものになっています。
ネット系銀行の場合、不動産業者にお任せにせず、お客様ご自身で積極的に動いていくことがポイントとなります。
その分、ローンに不慣れな方でも、わかりやすいような商品設定になっているのです。

唯一のデメリットは…

大きなデメリットとしては一点。融資できる物件に条件がついていること。
申込人本人が住む新築物件の購入、中古マンションの購入、住宅の新築、増改築のための資金およびお取り扱い手数料。また、借り換えにも利用できます。
しかし、マンション以外の中古物件の購入は現在取り扱いがありません。

中古一戸建は融資対象外になってしまうのです。
また、両親や子供が住むための家や、セカンドハウス(別荘)等にも利用はできません。
そして、離島と、市街化調整区域の取り扱いも、今のところは未対応となっています。

ご自身の購入したい物件や、対象地域の確認が必要となってきます。
そこで問題になってくるのが、ネット系銀行であるという事。

不動産業者様に物件を紹介され、気に入れば各金融機関へ事前審査を出す・・・というのが、通常の流れです。
ところが、不動産業者様は、よっぽどの事が無い限り、まず、ネット銀行は紹介しようとしません。

ネット銀行を利用する場合は、申込人様が、自身で申し込みをし、書類を揃え、発送する手間暇を惜しまない事がポイントとなってきます。

また、通常であれば、申込人様と銀行の間に入るのが不動産業者様ですが、この位置が入れ替わり、銀行と不動産業者様の間を、申込人様が取り持たなければなりません。 手間と暇、連絡などが余分にかかってしまうのが、断念される方の一番のネックのようです。

検討される方は、金利面だけでなく、相応の手間を惜しまない!という気持ちが必要なようですね。

⇒ ソニー銀行住宅ローンのメリット・デメリット を知るならこちら

ソニー銀行の豊富な金利タイプ~あなたはどのタイプ?~