フラット35・審査

楽天銀行住宅ローンフラット35はちょっぴり特殊なので、審査についてもう少し勉強しておきましょう!

フラット35を利用する場合の最大のメリットは35年間の固定金利でしたね?
ところが、銀行とは若干異なる審査をするため、銀行では受けられない方や申込形態でも、審査が通る可能性があるのです。

代表例1:自営業者の100%融資

銀行では、自営業者様への100%融資はかなり厳しいのが現実。
でも、手元に資金を残しておきたいのが自営業者様。この溝を埋めることができるのがフラット35なのです。

代表例2:妻の単独申込

夫婦でありながら、夫は債務参加しない……通常、銀行は確実に嫌がります。
最近は主夫もいらっしゃいますが、その辺は旧態依然としているのですね。
なんとかして夫を保証参加させようとします。ダメなら断ってしまうのが普通の銀行です。
でも、フラット35の場合、夫は保証参加なく、申込書への記入すら無でも、申込可能です。

代表例3:健康不安、団体信用生命でひっかかった経歴がある

通常、銀行のローンには団体信用生命がセットされており、金利で保険料は賄われています。
この団信の審査に落ちてしまうと、銀行の住宅ローンは組めません。加入が必須です。
その点、フラット35に関して言えば、団信加入は「原則」となります。
健康不安がある方は、団信に加入しなくてもよいのです。

もちろん、万が一の場合は、家族が代わりに支払っていくか、自宅を処分しなくてはなりません。
が、生命保険等で担保できている場合や、その他金銭相続で支払える場合など、団信加入をせずに住宅ローンを組むという選択も可能なのです。