全期間重視プラン-全期間重視1

全期間重視プランは、店頭表示金利から一定の利率を、借入時から完済時まで全期間に渡って引き下げるプランです。引き下げる利率は、1.4〜1.6%。何%が適用されるかは、審査により決まります。

また、店頭表示金利も、利用するプランにより変わります。大まかに二つに分けると、変動金利プランと、固定期間選択プランになります。また、両方のプランに共通の優遇プランが、自己資金が20%以上ある方専用のプランです。

ここで言う自己資金とは、手持ち資金の事ではありません。仲介手数料や、印紙や銀行でかかるローン費用、登記費用、引っ越し代や、照明やカーテン等の、物件価格に含まれない物を支払った、残りの部分になります。費用を全部精算して、住宅購入の頭金として当てられる資金の事です。

自己資金20%とは、例えば3000万円の物件を買う場合、600万円を頭金とし、2400万円を借入するという計算になります。この場合の金利優遇は、変動金利プラン、固定期間選択プランともに、全期間を通して1.5%〜1.6%となります。たった0.1%と侮るなかれ!35年ローンでは、総支払利息の差が1000万円あたり約21万円の差となるんですよ。親族からの援助や贈与が見込める場合は、ローン申込までに金額の確定をしたり、自己資金割合が20%になるよう、物件価格の値下げ交渉をしてもいいかもしれませんね。

尚、親の所有の土地の上に建物を建てる場合など、現金以外でも自己資金の20%充当と見なされる場合があります。詳しくは、ローン窓口でご相談下さい。変動金利プラン固定期間選択プランについては、次ページで!