みずほ銀行の審査は?

⇒ 他の銀行の住宅ローンの審査や審査基準 もチェックしましょう!

イオン 住宅ローン 三菱東京ufj 住宅ローン 三井住友銀行住宅ローン
住信SBI 住宅ローン SBI 住宅ローン 新生銀行住宅ローン
楽天銀行住宅ローン ソニー銀行住宅ローン 東京スター銀行住宅ローン


 

物件も決まり、希望の金利プランも固まり、次はいよいよ審査です。でも、審査って一体どうすればいいのでしょう?

みずほ銀行での審査入口は2通りあります。不動産会社を通して審査提出するケースと、お客様が直接審査を申込むケースです。

その1 不動産会社を通して審査提出するケース

不動産会社を通して審査提出すると、事前審査として受付けられ、金利の優遇幅や、融資金額、年数、その他条件などが回答として上がってきます。
本審査を提出する際、各種の申告事項が事前審査提出時と変わらなければ、ほぼ、事前審査の結果が本審査の結果と考えて差し支えありません。

変わってくるケースを挙げると、マイナス材料では、新たにリボルビング払いや分割払い購入をしたり、キャッシング、車のローンなどの新たな借り入れをした場合。

また、新たに収入合算者が加わったり、保証人をつける場合にはプラス材料となって、優遇幅が大きくなるケース等もあります。

まずは、不動産会社がみずほ銀行と住宅ローンの取引をしているかどうか、確認をしてみましょう。
不動産会社がみずほ銀行と取引をしておらず、でも、利便性などから、みずほ銀行で住宅ローンを組みたいと考える場合、お客様が直接審査を申込むこともできます。

その2 お客様が直接審査を申込むケース

個人で申込みをする場合は、すぐに本審査となりますので、各種書類をすべて揃えなければなりません。まずは、ローン窓口で相談をされるか、フリーダイヤル等で確認をされるのがよいでしょう。