超長期固定金利ローン

三井住友銀行の「超長期固定金利ローン」とは、字のまま、10年までの固定金利特約型ローンではカバーできない、それ以上の長期間の金利を固定してしまうローンです。
25年や35年など、ローン期間を通して、金利が一定のプラン。
一度は目にされているでしょうが、フラット35と似ていますね。

長期間を固定にしてしまう一番のメリットは、なんといっても安定感
支払金額が変わらないので、教育や家族計画などに影響が出にくい事です。

なにより、家計を預かる奥様としては、毎月の支払額が変わらないというのは大きなメリットではないでしょうか。

人生の中には、家族の問題だけでなく、親族の病気や、予期せぬ出費など、かかってくる費用は様々あります。
資金繰りや予算を考える時に、景気動向や金利情勢を気にする必要がありません。

デメリットとしては、変動金利プランに比べて、金利が高いこと。
そして、途中で変動金利や固定金利特約型に変更ができない事。

現状では、変動金利は低金利で推移していますので、今、長期間の固定を選択しても、大損をするほどの金利の下降はないのではと思えます。
また、景気の動向から見ても、すぐに金利が上昇するとするとは考えにくい状況です。
長期を選択するなら、今、ともいえるでしょう。

ただ、フレキシブルさに欠けてしまうので、変動やその他のプランにどうしても変更をしたい場合は、借り換えを検討しなければなりません。
登記費用など、諸費用がかかりますので、あまり得策とは言えないとおもいます。