変動金利プラン(全期間▲年1.4%)

三井住友銀行の「全期間▲1.4%~▲1.6%ローン」での取り扱いは以下の3つ。

  • ご自宅の購入・新築資金・増改築 (三井住友住宅ローン)
  • 住み替え資金 (住み替えローン)
  • ご自宅の購入・新築資金 (ネットdeホーム(新規借入コース))

要は、諸費用・リフォームローンを除く住宅ローン商品に適用されます。
あれこれと規制が少ないのがわかりやすいですね。

変動金利プランは、4月と10月、金利の見直しが年に2回あり、それによって金利が変わります。
半年ごとに支払利息が変わるリスクもあるという事です。
もちろん、逆に下がる可能性もあります。

とはいえ、金利が上昇して支払金額の変更は5年に1回。
5年に一度決めた支払金額の中で、その時々の利息と元金の内訳の調整を行い、ダイレクトに支払金額が変動する事のないようにしています。

また、仮に金利が上昇したとしても、一気にその上昇が反映される訳ではありません。
前回金利の1.25倍までが上昇の上限なのです。
仮に、見直し後の金利が前回の2倍になったからといって、急に支払金利が2倍にはならないのです。
その点は安心できますね。

変動金利プランの一番のメリットは、現在の低金利。
急には上がらないのではという見通しもあり、多くの方が変動金利で借入し、金利の上昇局面にあたったら、固定期間へ移行するという計画のようです。

変動金利プランから超長期固定金利への変更はできませんが、固定期間特約型への変更は可能。低金利を上手に生かしていきたいですね。