固定金利特約型(全期間▲年1.4%)

三井住友銀行の「固定金利特約型」では、決まった期間だけ、金利を固定することができます。
三井住友銀行では、この固定期間は比較的短期の物になり、2年・3年・5年・10年の4種類から選べます。

固定期間が経過すると、特に手続きをしなければ、自動的に変動金利プランに切り替わります。
再度、固定期間を選択するか、変動金利プランでしばらく様子を見るという事ができます。

ただし、再度固定期間を選択する時には、手数料がかかってしまいます。
それを見越して、固定期間を選んでいきたいですね。

この固定期間選択プランの一番のメリットは、決まった期間だけ金利を固定する事で、その期間は金利の上下に左右されずにいられるところ。

金利の動向が不安定で、見極めが難しい時に、スポット的に固定する事もできます。
また、教育費の負担が大きい時期や、妊娠・出産時期で、煩わしさを比較的少なくしたい時期に利用するのもおすすめ。
支払金額を一定期間、予算を立てやすい状態にしたい時にも有効な手段といえるでしょう。

ただ、固定期間を一回設定してしまうと、その間は変動金利に戻したくても戻せないという事になります。

選択する時は、何年を選ぶのかも合わせて慎重にいきたいものですね。