そもそもマイナス金利とは? 知っておきたいマイナス金利の仕組み

突然の日本銀行によるマイナス金利発表以降、銀行の預金金利や住宅ローン金利は今までにない水準へと下がり、MMFが新規販売停止となるなど、私たちのお金への波及がじわじわと進みつつあります。このマイナス金利を受けて、「これからの資産運用はどうしたらいいのか?」「金利が下がっている今住宅ローンは借りどきか?」といったご相談が急増しています。

マイナス金利が私達のお金にさらにどんな影響を与えていくのか?それを読み解き、できるだけ先々を見越して先手を打っていくためには、そもそもマイナス金利とは一体どのようなものか、その仕組みを知っておくことがまずは必須となります。

マイナス金利といっても、中身は違う?

日銀のマイナス金利発表以後、「マイナス金利」という言葉がニュース等を一斉に賑わせました。しかし、ご相談やセミナーのお客様とお話していると「いったい何の金利がマイナスになるのか?」という点で誤解をしていらっしゃる方も。

日銀は、2016年1月29日の金融政策決定会合でマイナス金利の導入を決めたと発表しましたが、その内容は、各金融機関が持っている日本銀行当座預金へマイナス0.1%の金利を適用するというものです。しかも、日本銀行当座預金すべてに対してではなく、3段階の階層構造に分割したうえで一部のみに適用する方式です。

銀行等の金融機関は、日本銀行にそれぞれ当座預金を持っており、今まで金融機関はその日銀当座預金にお金をおくことでその利息収入を得ることができました。

ところが、その利息がマイナスになれば反対に利息を支払わなければなりません。そうなると、当座預金へお金を入れておくことは金融機関にとってデメリットに他ならず、金融機関は当座預金にお金を入れるのではなくそのお金を投資運用や貸し出しへと振り向ける、そう期待されているのです。

金利といっても動きに違いがある

金融市場を調節して金融政策を実現する手段として用いられるのが、政策金利であり短期金利の「無担保コール翌日物」です。この金利も、マイナス金利導入の影響を受け、無担保コール翌日物はマイナス圏もしくは0%周辺で推移しています。(2016年3月8日現在)

一方で、マーケットのその時々の需要と供給や今後の金利予測等などを敏感に反映し、変動要因があれば政策金利よりもいち早く動きだすのが、長期金利の「10年物国債の利回り」です。この10年物国債利回りは、マイナス金利発表から約1か月後の3月8日、-0.1%の過去最低利回りを記録しました(2016年3月8日現在)

このように「金利」といっても、その意味するところはさまざまです。これら長期金利や政策金利である短期金利がまず動き、それらを反映して、私たちに身近な銀行預金金利や住宅ローン金利が動いていく、そういった仕組みになっています。ですから銀行預金金利や住宅ローン金利の動きを予測しようと思えば、まずは長期金利、短期金利の動きをウオッチしていくことが不可欠です。

なぜマイナス金利を導入したのか?

そもそも、なぜ日銀はマイナス金利の導入を決めたのでしょうか?景気刺激策として日銀は物価上昇目標を掲げていましたが、想像以上にデフレからの立ち上がりは遅く、そこへさらに原油安や中国などの新興国の景気減速、世界的な経済状況への不安があり、思うような効果があがっていない現実がありました。

これまでも長期国債買入れなどの量的・質的緩和で世の中に出回るお金の量を増やすことで景気刺激を試みていましたが、さらなる緩和の追加手段としてマイナス金利が採用されたのです。金利が低下すれば、借入や消費が増加するだろうというのがねらいです。

では銀行は?預金はどうなっていく?

銀行は日銀に当座預金を持っています。その金利がマイナスになれば、それは銀行にどんな影響を与えるでしょうか?基本的に銀行は、預金で集めたお金を預金金利以上の金利をつけて貸し出し、その預金金利と貸出金利との差額が銀行の収益となります。この差額が大きければ大きいほど銀行の収益が上がるというわけです。

ところが、マイナス金利の影響で銀行預金金利も住宅ローン金利も低下となれば、この差額の幅はどんどん狭くなり、狭くなるほどに銀行の収益は下がりますそうすると銀行は他の何らかの手段で収益を得る必要がありますから、今後、ATM手数料や振り込み手数料などの各種手数料を上げたり、もしくは海外の銀行にあるような一定の金額以下の預金には口座管理手数料を課したりということも可能性としては考えられます。
マイナス金利という金融政策が今後日本経済にどのような影響を与えていくのか、それは世界各国の状況や各金融市場の影響を複合的に受けるため、先行きを確実に言い当てることは非常に困難です。

それでもまずは、短期金利、長期金利の動きや各指標の動きに注意を払っていくこと、それが少しでも遠くまで先を見通していく鍵となるでしょう。

著者
fukusima
福島 えみ子

リュクスセオリーFPサロン 代表
ファイナンシャル・プランナー(C FP®・1級FP技能士・住宅ローンアドバイザー((財)住宅金融普及協会))

複数の銀行を経て、相続、金融、不動産等の民事案件を扱う法律事務所に転職。その後、独立系FP会社にて勤務。数百件の個人相談を担当すると共に、セミナー、執筆と幅広く活動。2014年独立。相続・資産運用・住宅相談・リタイヤメントプラン等を得意とし、個人相談にも力を入れる一方で、セミナーや企業研修、執筆を通じてわかりやすくお金の知識を発信することに注力している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アンケート

マイナス金利はチャンスだと思う?

みんなの回答を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部へ戻る