じぶん銀行住宅ローンの団体信用生命保険

住宅ローンを組む際、団体信用生命保険(団信)に加入しなければなりません。団信は住宅ローンを組んだ人が亡くなった場合にローン残高が0になるという保険で、借金が残された遺族に残ることがなくなるというものです。今回はじぶん銀行住宅ローンの団信について解説します。

団信に特約をつけて保障を上乗せ

団信は一般的に、住宅ローンを組んだ人が亡くなった場合にローン残高が0になる、というものですが、最近では団信に「特約」をつけることで保障を上乗せできるようになってきています。例えば「三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)が原因で保険会社が決めた状態になった場合にも住宅ローンの残高が0になる」というようなものがあります。こうした特約は無料でつけられるというわけにはいかず、その分の保険料を金利に上乗せして支払うというものが多いです。例えば先の「三大疾病が原因で保険会社が決めた状態になった場合に残高が0になる」というような保障は金利を0.3%上乗せすることで付けることができる場合が多いです。

じぶん銀行住宅ローンの団信

じぶん銀行住宅ローンにも一般の団信の他に、保障を上乗せできるようになっています。じぶん銀行の団信の最大の特徴は、「金利上乗せなし」で「がんと診断されたら住宅ローンの残高が1/2になる」という保障を団信に上乗せさせることができる点です。(なお、がんが治ったとしても、減った分の住宅ローン部分についての返済を求められることはないです)。
ローンの返済期間中にがんになった場合、出費が増えたり、収入が減ったりして、家計のやりくりが大変になることが予想されます。住宅ローンの残高が1/2になると毎月返済額も大きく減り、メリットは大きいと言えます。3人に1人ががんになると言われている今、じぶん銀行住宅ローンの団信(がん50%保障団信)は魅力的です。

がんと診断されたら住宅ローン残高を0にできるものも

じぶん銀行の団信の最大の特徴は、「金利上乗せなし」で「がんと診断されたら住宅ローンの残高が1/2になる」ことでしたが、金利を0.2%上乗せすることで「がんと診断されたら住宅ローンの残高が0になる」という保障をつけることもできます(がん100%保障団信)。がんが心配な人にとってはこの保障は嬉しいですね。

広く生活習慣病に備える保障も

じぶん銀行住宅ローンでは、金利を0.2%上乗せすることで「がんと診断されたら住宅ローンの残高が0になる」という保障(がん100%保障団信)をつけることができますが、金利を0.3%上乗せすると「11疾病保障団信」をつけることができます。これは「がんと診断された場合に住宅ローン残高が0になる」という保障に「10種類の生活習慣病で180日以上継続して入院した場合、住宅ローン残高が0になる」という保障もついたものです。10種類の生活習慣病とは、悪性新生物(=がん)、上皮内新生物(=上皮内がん)、糖尿病、心疾患、高血圧性疾患、大動脈瘤および解離、脳血管疾患、腎疾患、肝疾患、慢性膵炎です。
10種類の生活習慣病のうち、悪性新生物とはがんのことです。ここでは「がん100%保障団信」の保障対象外の悪性新生物(がん)も「11疾病保障団信」では対象になっている、ということを意味します。上皮内新生物は、上皮内がんとも言うように、軽度のがん、と考えてもよいでしょう。つまり、少し大雑把にまとめると「がんと診断されるか、がん以外の8種類の生活習慣病で180日以上の入院をした場合に住宅ローン残高が0になる」保障が金利0.3%の上乗せでつけられる、ということになります。

まとめ

じぶん銀行住宅ローンを利用する際、団信については3つの選択肢があります。1つ目は一般団信に無料で「がん50%保障団信」をつける、2つ目は金利を0.2%上乗せして「がん100%保障団信」をつける、3つ目は金利を0.3%上乗せして「11疾病保障団信」をつける、という選択肢です(厳密には、一般団信のみに入る、という選択肢もありますが、がん50%保障団信はせっかく無料なので可能な限りつけた方がよいと思います)。

一般団信 がん50%保障団信 がん100%保障団信 11疫病保障団信
金利上乗せ なし なし 0.2% 0.3%
死亡
所定の高度障害状態
余命6ヵ月以内と診断された場合
がんと診断された場合 × △(残高が1/2に) 〇(残高が0に) 〇(残高が0に)
金利上乗せ × × × 〇(残高が0に)

金利を上乗せした場合、毎月返済額はどれくらい増えてしまうのか気になる方も多いでしょう。例えば【3,000万円を35年の元利均等返済で借りる場合】の、返済額は以下のように変わります。

一般団信
がん50%保障団信
がん100%保障団信
金利 0.497% 0.697% 0.2%
毎月返済額 77,835円 80,515円 2,680円
35年総返済額 3,269万円 3,382万円 113万円

 

一般団信
がん50%保障団信
11疫病保障団信
金利 0.497% 0.797% 0.3%
毎月返済額 77,835円 81,877円 4,042円
35年総返済額 3,269万円 3,439万円 170万円

※2017年10月現在

この上乗せされる返済額を大きいと見るか、小さいと見るかは人それぞれだと思いますが、マイナス金利導入後の低金利の今、金利を上乗せしたとしても、以前より低い金利で住宅ローンを借りることができます。死亡はしないが、がんなどの大きな病気で働けなくなってしまうリスクに備えたい方は検討してみる価値はあるでしょう。