じぶん銀行の収入合算、ペアローンについて

自分一人では収入が低くて希望金額分の住宅ローンを借りることができない、そんなお悩みを聞くことがあります。

共働きの場合などではペアローン収入合算という手を使うことで、借入金額を増やせる場合があります。

今回はじぶん銀行住宅ローンのペアローンと収入合算についてまとめます。

ペアローンとは

自分一人では収入が低くて希望する金額の住宅ローンを借りることができない場合、ペアローンを使うと借入額を増やせる場合があります

ペアローンとは例えば夫婦それぞれがローンを組むというやり方です(夫婦でなくとも親子等でもペアローンを組むことができますが、多いのは夫婦での利用なので以下、夫婦でのペアローンを前提に話をします)。

夫のみの年収が350万円と仮定します。35年返済、金利1.5%、返済負担率30%(年収に占める住宅ローンの年間返済額の割合が30%になる金額まで借りられる)とすると、借入可能額は2,857万円となります。妻の年収が250万円とし、同じ条件で妻の借入可能額を計算すると2,041万円となるので、夫婦二人では合わせて4,898万円まで借りることができます。借入可能額が増える、というのがペアローンの最大のメリットです。

夫婦それぞれがローンを組むということは、それぞれが住宅ローン減税を使うことができる、というのもメリットになります。共働きで夫婦それぞれが住宅ローン減税を使いたいという場合にはペアローンを検討するとよいでしょう。

団信(団体信用生命保険:ローン契約者が亡くなった場合に残高が0になり、残された遺族に借金が残らないようにする生命保険で、住宅ローンを組む場合、フラット35を除き、団信への加入が必須になる)も、夫婦それぞれの住宅ローンにつけることになります。なおペアローンを組むそれぞれが相手の連帯保証人となる場合が多いです(じぶん銀行の場合もそうです)。

じぶん銀行の場合、住宅ローンの申込はスマホやパソコンからできますが、まず「マイページ作成」を行います。ペアローンの場合、2人それぞれがマイページを作成する必要があるのでその点は注意したいですね。

収入合算とは

自分一人では収入が足りずに希望する住宅ローンの金額が借りられないという場合に、収入合算という方法を使って借りられる場合があります。住宅ローンの審査の際に、1人分の収入で借りられるローン金額を計算するのではなく、収入合算者の収入も合わせて借入可能額の計算を行うというものです。

じぶん銀行では住宅ローンの契約者(債務者)になるには、原則的に200万円以上の年収が必要です。妻がパートで年収100万円程度というような場合には、ペアローンを組むのは難しいということになりますが、そのような場合でも収入合算、という手段は使える場合があります。じぶん銀行住宅ローンで収入合算を行う場合、収入合算者(上の例だと年収100万円の妻)は連帯保証人となり、住宅ローン減税を使うことはできませんし、団信への加入もできない、ということになります。

まとめ:じぶん銀行のペアローン、収入合算をどう使うか

自分一人だけの収入では希望する金額の住宅ローンを組めないという場合、ペアローンや収入合算という方法があります。妻が正社員や契約社員等で年収が200万円以上ある場合にはペアローンを検討する価値はあるでしょう。なお、年収200万円未満でもペアローンを組める場合もあるようなので事前審査で確認してみるとよいでしょう。

妻の年収がそこまで高くないような場合には収入合算を検討することになります。

ペアローン 収入合算
住宅ローン 2人とも使える 1人(申込人)のみ
団信 2人とも入れる 1人(申込人)のみ
マイページの作成 2人とも必要 1人(申込人)のみ

今は夫婦共働きという場合でも子どもが生まれたら妻が専業主婦になるということもあるかと思います。そうなると住宅ローン減税の恩恵を受けられない可能性もありますし、そもそも将来の返済が苦しくなることも考えられます。ペアローンや収入合算という方法があるからといって無暗に利用するのではなく、妻の働き方といったライフプランや将来の家計の計画もきちんと考えた上で適切な住宅ローン金額の検討や、ペアローン、収入合算の利用の検討をする必要があると言えます。

じぶん銀行住宅ローンには、金利が低い申込手続きが楽、などメリットがたくさんあります。

ペアローンや収入合算をうまく使いながら、じぶん銀行の住宅ローンを賢く利用したいですね。