私が「じぶん銀行住宅ローン」について解説します。

じぶん銀行住宅ローン

じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行です。

KDDIが出資しているだけあって、auユーザーには特別な割引があるなど、特に便利になっています。

じぶん銀行の住宅ローンの特徴は「金利の低さ」「申込が楽で手続きが早い」点にあります。

じぶん銀行の人気の秘密は「低金利」と「申込の便利さ」です。金利に関しては特に変動金利は他行と比べて最も低い部類に入ります。変動金利タイプの金利は0.497%。大手都市銀行の0.625%等と比べてかなり低くなっています。(2017年3月現在)
申込から契約までネットで完結できるというのもじぶん銀行住宅ローンの嬉しいメリット。面倒な書類の記入、やり取りが不要なため、手続きにかかる時間も大幅に短縮、申込から契約まで最短で約10日を目指す、など圧倒的なスピードで住宅ローンが完結できるのはじぶん銀行住宅ローンの大きなメリットです。

「金利の低さ」と「申込が楽で手続きが早い」という以外のじぶん銀行住宅ローンのメリットとしては「がんと診断されるとローン残高を1/2に減らしてくれる保険に無料で入れる」という点があります。

こうした保障が無料でつけられるところは他になくじぶん銀行の特徴的なメリットの1つとして挙げられます。

その他、auユーザー限定ですが、最大5年間毎月、au WALLET プリペイドカードに500円キャッシュバックを受けられるというような特典もあります(KDDIが出資しているのでauユーザーには特典を作ったということです)。

 

借り換え時にも多く利用されています

金利が低いというメリットがあるじぶん銀行の住宅ローン。借り換えに使う人も多くなっています。

じぶん銀行の2017年の変動金利は0.5%前後になっています。数年前に一般的な銀行の変動金利で借りた人は1.5%や1.0%前後という金利の場合も多いです。そんな方々は低金利のじぶん銀行の変動金利に借り換えるとメリットが出る場合が多いです。
※最新の正確な金利については、じぶん銀行のサイトでご確認ください。

またネットで申込が完結できる、というのも住宅ローンの借り換えでじぶん銀行を使うメリットになります。借り換えを検討している人が、やっぱりやめようかな、とためらってしまう原因の1つが申込の面倒さ、です。手書きでたくさん記入しなければならない書類を完成し、印鑑を押し、必要書類を郵送する、という手間が面倒で借り換えをためらう人も多いです。

じぶん銀行は申込がWEBで完結できるため契約書の記入や捺印が原則として不要で、必要書類は写メを撮って送るだけ(郵送も可能)、わからないことはコールセンターで聞きながら対応できる、という画期的な仕組みを作った点はとても嬉しいですね。

 

じぶん銀行のデメリットは?

では、じぶん銀行住宅ローンにデメリットはないのでしょうか?

じぶん銀行のデメリットを強いて挙げるとすると、「全期間固定金利」は低くないという点が挙げられます。変動金利は他行と比べて低い部類に入りますが、「全期間固定金利」はそこまで低くはありません。全期間固定金利で金利上昇リスクをなくしたい、と考えている方は他の銀行と比較する必要があるように思います。