フラット35と支払い方法の比較

フラット35を融資で受ける場合、「元利均等返済」と「元金均等返済」の療法を選択することが可能です。両者とものメリットとデメリットがあるので、どちらを採用するのかを事前に将来設計と合わせて計画しておくことは、資金繰りを有利に進める上で必要な知識です。条件は表15の通りとなります。

まず、一般的な「元利均等返済」の場合は、融資額の上限を引き上げることが出来るほか、将来設計が用意というメリットがありますが、最初に支払う金額で占める元金の返済部分が少なくなるので、将来的には支払う総額は大きくなるデメリットが分かります。

これに対して「元金均等返済」であれば、当初は支払う金額は大きくても、将来的に支払う金額は段階的に減少していくことになるので、最終的に支払う負担を少なくすることが出来るというメリットがあります。「親子ローン」など収入にある程度、余裕がある年代層が先に払う場合や、共同でローンを支払える期間があるのであれば、下記の条件も十分に有利な選択肢として検討できます。

毎回返済額の内訳