フラット35と借り換え

フラット35は、住宅の審査基準が必須条件となりますが、民間の住宅ローンなどと組み合わせることで「借り換え」という選択肢を考えることができます。特に過去のフラット35を固定金利で借り入れた人にとっては、同じ銀行が提供している「フラット35」の金融商品であっても、10年前とは金利面で大きな格差が開いていることがあります。

他の銀行から借り換えを検討することももちろん選択肢の一つであり、一般的に残金が1000万円以上あり、金利が1パーセント以上の差があるのであれば、事務手数料などの費用を考えたとしても、借り換えを検討することは、大きなメリットの一つであるといえます。もちろん、状況によって、不利益を被る可能性があることもあるので、ある程度、条件を比較して検討することは大切になってきます。

借り換えに対しては、フラット35のローンを組んだ状況と大きく変化していないことが条件となりますが、金利面で大きな優遇を受けられる可能性があるので、条件などを検討してみるのもよいでしょう。

借り換えの場合、一度、現在の借り入れをしている資金を一括返済し、その後、再度ローンを組み直すことになるので、借り入れ当初よりも金利が減少している場合、毎月の支払い額などが軽減されることがあります。条件などを検討して総合的な観点から選択するようにしておくとよいでしょう。