フラット35と住宅ローンの変動と選択基準

フラット35が他の住宅ローンにない強みがあるとするのであれば、「融資を受けやすい」という点に加え、「金利が固定である」ということがいえます。現在の日本は、日銀の「ゼロ金利政策」などが有名ですが、かなり低金利の路線を取っているため、短期的には「低金利」である「変動金利」を採用した方が良いように見えます。
(下記の表1を参考)

下記は過去の銀行の住宅金融公庫の金利を表記したものです。平成2年の段階では、現在の基準から比べると極めて高かった住宅ローンの金利ですが、この段階では「固定」および「変動」で比較してもそれほど大きな比較がありませんでした。

その後、徐々に金利が低くなり、現在では、固定金利と変動金利の格差は1パーセント前後となっています。現在の低金利で変動金利とした場合、早期に元本を全額返済する方法があるのであれば、短期的に大きく経済状況が変動して金利が変わらないのであれば、有利な選択肢と考えることが出来ますが、将来的に金利が大きく変動するリスクがあるのであれば、圧倒的に安定感のある住宅ローンである「フラット35」はお勧めの商品といえます。

▼表1 住宅ローン公庫の融資金利(各年末の利息。単位:%)

平成 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
銀行 変動 8,5 6,9 4,0 2,6 2,6 2,6 2,6 2,6 2,5 2,4 2,5 2,3 2,3 2,4 2,4 2,4
固定 8,3 7,3 6,6 5,5 6,6 5,5 5,8 3,9 3,8 3,3 3,6 3,4 3,7 3,7 3,7 3,7
公庫基準 5,5 5,2 3,8 4,4 3,1 4,3 3,1 3,1 3,0 2,2 2,8 2,8 2,6 2,4 2,9 3,3