フラット35とフラット35Sについて

フラット35の商品の中でも、金利上の優遇を受けられるものや、融資基準を一定程度、引き上げることができる商品に「フラット35S」があります。同じフラット35の中の派生した金融商品ですが、一定条件下の住居を満たすことによって、融資を受ける場合に有利に進めることができることが特徴です。

具体的には、フラット35に申し込んだ債務者の住居が耐震性や省エネ対策などを講じていることを審査基準としており、一定期間の金利を優遇する措置などを講じています。また、東日本大震災以降に、復興対策として建築された住居などの条件に対しても優遇措置が取られている部分があるので、条件などを確認するようにしておくとよいでしょう。

金利引き下げプランには、ベーシックプランにも複数種類あるほか、エコプランにも複数種類があるので、事前に住居を建築するときにどの条件に該当するのかを検討して住居を建てることによって、金利上を有利に運ぶことができるなどの条件もあります。具体的な条件などを総合的に検討して、より有利に取り運べるようにしておくことが望ましいといえます。