ARUHI(旧:SBIモーゲージ)の審査はココに注意!

ARUHI(旧:SBIモーゲージ)の審査で要注意ケースとは何でしょうか?

通常、「承認」「否決」の回答ですが、ARUHI(旧:SBIモーゲージ)の場合「留保」というものがあります。字のまま、本審査を通してみないとわからないという意味です。

この「留保」が事前審査の約半数を占め、その約半数が本審査で否決になると言われています。「留保」と出た場合は、本当に五分五分だと思ってください。

そして、フラット35の審査はARUHI(旧:SBIモーゲージ)に限らず、ちょっぴり特殊。
銀行ではローンを組めないケースや申込形態でも、審査が通る可能性があります。
もう少し補足をしておきましょう。

代表例1:自営業者の100%融資

銀行では、自営業者様への100%融資はかなり厳しいのが現実。
この溝を埋めることができるのがフラット35なのです。

代表例2:妻の単独申込

妻が申し込みをし、夫は債務参加しない……銀行では申し込み自体がNGです。
夫の保証参加はほぼ絶対条件といえます。
でも、フラット35の場合、夫は保証参加なく、申込書への記入すら無くても、申込可能です。

代表例3:健康不安、団体信用生命でひっかかった経歴がある

通常、銀行などの金融機関のローンには団体信用生命がセットされており、団信の審査に落ちてしまうと、住宅ローンは組めません。加入が必須条件です。
その点、フラット35に関して言えば、団信加入は「原則」となります。
健康不安がある方は、団信に加入しなくてもよいのです。
但し、団信に加入しておくことで万が一の場合に備えておいたほうがよいでしょう。

代表例4:転職して間もない。

通常、銀行などの金融機関では最低1年の勤続が求められます。
が、フラットの場合は「割戻し」という手をつかって、勤続数か月でも年収の見込み判定を行い、融資を可能としています。

 

 

⇒ 収入が不安定など、審査が心配な人は必ずこの住宅ローンもチェックしてください! 
  審査が心配な人のための住宅ローン