フラット35パッケージローン

SBI住宅ローンのフラット35Sエコ・ベーシックでは、購入金額の100%まで融資可能です。
でも、フラット35の場合は、基本は購入金額の90%までの融資となっていますが…

この残りの10%についてはパッケージローンを組み合わせ、合計で100%の融資が可能となります。

融資条件はフラット35に準ずるので、審査の上、パッケージローンだけ不可になるという事はありません。

フラット35の部分は35年間金利は固定ですが、このパッケージローン部分については、変動金利となります。
通常の金融機関の変動金利と同じく、年に2回の見直しがあり、金利の変動によって返済金額が変わってきます。

また、フラット35の融資部分に抵当権第一順位が、パッケージローン部分に抵当権第二順位がつくため、抵当権設定の際の司法書士費用が若干割高になってしまいます。

あまりいいことがないイメージですが、1つ大きなメリットがあります!

それは繰り上げ返済をする場合。

インターネット経由の場合、繰上返済手数料がパッケージローン部分については無料となります。

しかも、返済可能金額は1か月分の返済額から可能!(下限1万円)
通常、フラット35の繰上返済は100万円以上からと、ハードルが高めに設定されているので、これは嬉しいですね。

少し余裕があるうちに、パッケージローンの返済だけでも繰上返済しておくと、将来的にも安心です。パッケージローンが変動金利であるのならなお更のこと。