ARUHI(旧:SBIモーゲージ)・フラット35融資条件

ARUHI(旧:SBIモーゲージ)フラット35の融資条件についてこちらのページではみていきましょう。

もう、自分はフラット35を利用できそうかどうか?
買いたい物件はフラット35で申し込みができるかどうか?
わかってきたでしょうか?

さあ、引き続き見てみましょう!

⇒ フラット35の借入要件をチェックするならこちら

★資金使途

申し込みご本人もしくはご親族が居住する住宅の建築・購入資金
※リフォーム資金には使えません。

★融資金額

100万円以上8,000万円以内(1万円単位)
【フラット35】Sエコ・お借り換えの場合、最大10割まで利用できます。

ただし、【フラット35】・【フラット35】Sベーシックの場合は9割までとなります。

⇒ フラット35とフラット35Sの違いについてはこちら

諸費用(事務手数料・ローン契約用印紙代・登記費用等)は、融資金額に含めることはできません。
一部の諸費用は融資の対象とすることができますが、疎明資料の提出が必要です。*

* 融資資金額に含めることができる諸費用等、詳しくは近くの店舗にお問い合わせください。

★融資期間

15年以上35年以内(年単位)

★ご返済方式

「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」から選べます。

6ヶ月毎のボーナス月増額返済可(ボーナス返済分はご融資金額の40%以内)

元利均等返済は、元金と利息が全期間一定になるように計算されています。
一般的にはこちらの方を選ぶ人が多いようです。

元金均等返済は、元金が一定額で利息が変動します。借入当初は利息額が高いので当初の返済金額が多くなりますが、返済年数が経過すると共に支払額が少なくなっていきます。 こちらを選ぶ人は少ないのですが、借入当初に経済的に余裕がある方に向いています。

例えば借入当初、子供が小学生という場合など、高学歴になるにつれて学費も高額になっていきますので、元金均等返済を選ぶのもひとつの手です。

★返済日

毎月5日(ただし約定返済日は13日となります)
日にちの指定が細かくできない所が、ちょっと不便ですね。

★返済口座

全国1,000以上の銀行(ゆうちょ銀行を含む)・信用金庫などが使えます。
今、よく使っている口座をそのまま使えるのはとっても便利!ですね。