フラット35借入要件

それでは、SBI住宅ローンのフラット35借入要件について、現役住宅ローン担当者としてわかりやすくご説明いたします。

★利用できる方

  1. お申し込み時の年齢が70歳未満の方、最終返済時80歳未満の方
    (親子リレー返済を利用される場合は、70歳以上の方もお申し込みいただけます。)
  2. 日本国籍または永住権(特別永住権)を有する方で、国内に居住されている方
    銀行ローンでは比較的難しい親子リレー返済や永住権を有している方も、フラット35なら得意分野です!
  3. 年収に占めるすべてのお借入の年間返済額(本件融資を含む)の割合(=総返済負担率)が次の基準を満たしている方
    年収400万円未満  返済比率 30%以下 総返済額、年間120万円以内
    年収400万円以上  返済比率 35%以下 総返済額、年間140万円以内

要チェックなのは、年収の最下限が設けられていない事。
自営業者の方には朗報
ですね。

★対象住宅

住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることを証明する「適合証明書」の取得ができる住宅
適合証明書は適合証明機関に申請し、物件検査の合格により交付されます。
住宅金融支援機構が指定した検査機関または適合証明技術者の適合証明書を取得いただく必要がございます。
費用は利用者の負担となります。

概ね、2万円前後が適合証明の発行費用です。 購入希望物件に適合証明がついているかどうか、また、発行できる物件なのかどうか、不動産業者の方に確認してみて下さいね。

新築住宅・住宅建設費(土地取得費を含む)または住宅購入価格が1億円以下(消費税込)の住宅で、延床面積に制限があります。

・ 一戸建て、重ね建て、連続建て住宅の場合:70平方メートル以上
・ 共同住宅(マンションなど)の場合:30平方メートル以上

あまり小さな物件には不向き・・・ということなのですね。