フラット35の金利について

SBI住宅ローンの取り扱い商品は、住宅金融支援機構の「フラット35」一本のみ。

借入時の金利が35年間(35年までも同様です)変わらず、初期費用も手数料が融資額の2.1%という、ごくごくシンプルで、合理的なプランです。

借入時の金利および金額が、ローン終了までずっと同じなのですから、最初さえきっちりプランを押さえてしまえば、本当にわかりやすく親切な商品です。
銀行の変動金利や一定期間固定金利等の多彩な商品で迷った人には、簡単すぎて不安になる程かもしれませんね。

⇒ SBI住宅ローン・フラット35の審査は厳しい?

でも、35年間固定金利にしてしまうという、一見乱暴にも思えてしまうこの長期固定プラン。
実は、今まさに借り時なのです。
思い切って長期固定プランにしてしまうのは「今でしょう!」といっても過言ではありません。

これから先、金利がじわりじわり上昇することは考えられても、急に上昇していくとは、景気や政治状況を考えると、まだ考えにくい状態です。
そして、これからもさらに金利が下がる事もあり得ると考えられるけれど、すでに低金利状態の今、これ以上大幅には下がらないのではないだろうか……という見方が大勢を占めています。

ならば、今ローンを組んでしまった方がいいのではないか!?という結論になるのですね。いずれにせよ、超低金利の今、固定金利にしてしまっても損はないという事になります。

では、フラット35がどんなものなのか?
SBI住宅ローンでフラット35を借りるメリットは、デメリットは?早速見ていきましょう!