フラット35とフラット35Sの違い

SBI住宅ローンプランには複数ありますが、そのプランの中でよくある質問が、(前のページの質問でも触れましたが)フラット35・フラット35Sエコ・フラット35Sベーシックの違いについて。

その答えは、「適合証明」です。

「適合証明」とは?

そもそもその「適合証明」とは、住宅金融支援機構と民間金融機関による長期固定金利住宅ローンを利用する場合に、その住宅が住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることを証明するものです。

技術基準は建築基準法に加えて、住宅金融支援機構が独自に定めたものであり、例えば木造住宅であれば、大黒柱の太さが4寸以上、基礎の地面から高さが40センチ以上、床下防湿のための工夫など、住宅が長持ちする工夫がされているかどうかなどとなります。

マンションでは、20年以上の長期修繕計画などで将来の維持管理がチェックされ、検査は第三者である検査機関所属の建築士による有資格者が実施します。

技術基準を満たしたと証明された住宅に発行された「適合証明」は、フラット35を利用する時に必ず必要となる書類です。

適合証明がないと、フラット35自体、利用することができません。
あまり古い物件だと、フラット35は使えないケースが多いのです。

フラット35Sエコ とフラット35Sベーシック は、この適合証明に加え、フラット35Sの技術基準を満たしているという内容の適合証明が必要なのです。

フラット35よりも、厳しい技術基準を満たしていないとなりません。
どんな物件でも使えるというわけではないのですね。

中古物件だからといって適合証明が無いという訳ではありません。
しかし、新築物件には最初からついている事の多い適合証明ですが、中古物件にはついていない事がほとんど。
そんな場合は、住宅金融支援機構指定の設計事務所等の建築士が検査を実施し、適合証明を発行してもらう必要があります。

購入希望物件に適合証明は発行されるのか。どんな種類の適合証明なのか。
不動産業者に確認をしてみて下さいね。

適合証明がなければ、フラット35は全プラン使えません。
購入希望物件は、適合証明の発行できる住宅だったでしょうか?