金利プランの借入対象物件は?

イオン銀行の住宅ローンでご自身が借入できるかどうか、チェックできたでしょうか?

では次に、借入対象をチェックしてみましょう!

ご本人がお住まいになる住宅に関する以下の資金について借入ができます。

(1)住宅の新築・購入資金、増改築・改装資金
(2)住宅ローンの借換資金
(3)上記にかかる諸費用

イオン銀行住宅ローン借入対象についての詳細は公式サイトをご確認ください。

※物件の所在地や面積、状況等によりご利用いただけない場合もあります。
※建築基準法、その他の法令に合致している必要があります。
※借地(定期借地を含む)上の建物および仮換地・保留地上の建物、店舗・アパートなどとの併用物件については、原則取り扱いがありません。
※諸費用は取扱手数料、火災保険料、登記費用、印紙代、不動産仲介手数料となります。

この中で、要チェックなのが(3)の諸費用

通常、諸費用分をローン借入する場合は、無担保借入での対応等、住宅ローンとは別の契約、別の金利となる銀行が多いのです。

要は、住宅ローン金利よりも諸費用借入の金利の方が高く設定されているんですね。

ところが、イオン銀行ではこの諸費用ローンを住宅ローンと一本化し、住宅ローンと同じ金利で借り入れすることができます!

物件価格の5%分まで、上乗せすることが可能ですから、諸費用の借入希望をする場合は、フリーダイヤルやインストアブランチで相談してみて下さいね!