契約社員・派遣社員でも申し込み可能なイオン銀行住宅ローン

契約社員の方でも申し込みは可能

イオン銀行では雇用形態がいわゆる正社員でない方、つまり契約社員や派遣社員の方でも申し込みが可能です。契約社員や派遣社員は一般的には住宅ローンの申し込みは審査が厳しいとされています。

しかしイオン銀行の住宅ローンは契約社員・派遣社員の方でも申し込み可能なのです。

住宅ローンの一般的な審査の考え方

住宅ローンは住宅の取得資金の為のローンですから金額は数千万円と大きく、返済も20年30年と長期に亘り返済を続けて行くので、審査はどのローンよりも厳しいのが普通です。ですので一昔前の銀行の住宅ローンでは、「住宅ローンの申し込みが出来る人」の欄に、年収300万円以上の人、返済比率30%以下等の条件と一緒に‘正社員の方’と必ず書かれていました。正社員でなければ住宅ローンの申し込みをする事が出来なかったのです。

ここで言う契約社員とは、期間の定めのある有期雇用契約の社員の事で、期間が○年○月○日迄と契約で謳われている雇用形態の社員の方の事です。契約期限が到来する度に雇用継続の有無を問われますので、一般的には契約期間の無い正社員とは雇用が不安定であるとされています。

どんな雇用の形態であっても他人がとやかく言う筋合いのものではありませんが、その様な事から銀行の住宅ローンにおいては、正社員でなければその申し込みをなかなか受付けてくれない銀行もあるのです。例え受けてくれたとしても、審査が非常に厳しいというのが現状なのです。

契約社員・派遣社員の方は是非イオン銀行住宅ローンへ

契約社員・派遣社員の方がイオン銀行住宅ローの申し込みが出来る条件は、「健康保険や厚生年金保険の被保険者である事」「雇用保険の加入」となっています。

雇用保険や厚生年金保険の加入条件は、今現在は社会保険適用事業所において常用的使用関係にある事であり、常用的使用関係というのは正社員の勤務時間の概ね3/4以上の勤務となっていますし、雇用保険も似たようなものです。ですので契約社員の方でも健康保険や厚生年金保険の被保険者になる事は十分可能な訳です。

契約社員・派遣社員だから住宅ローンが組めないと思っている方も多いのではないのでしょうか?
そう言う方は是非一度イオン銀行に相談されてみてはいかがでしょうか。

ワンポイント情報