全国どこでも出来るイオン銀行住宅ローンの申し込み手続き

イオン銀行住宅ローンは自分の主導で申し込み可能

イオン銀行住宅ローンの申し込み手続きは、全国どこからでも手軽に出来ます。申し込みから融資金の実行迄店舗に出向いて行く必要はありません。

住宅ローンの申し込み手続きがネットや郵送のやり取りで完結する事が出来るのです。これは毎日の仕事が忙しくて、住宅ローンの申し込み手続きが出来ない方や、先のスケジュール管理が立てにくい方にはピッタリです。

イオン銀行の住宅ローンの申し込み手続きは自分のスケジュールに合わせたやり方で計画を立てて行けるからです。

イオン銀行住宅ローンは支店に出向く必要は無い

普通住宅ローンの申し込み手続きの流れは簡単に説明すると、銀行によって多少は違うでしょうが大体以下の様になっています。

まず、審査が承諾になる事が第一の条件です。その審査の方法は、申し込みの手続きを簡略化した事前審査制度がある銀行が殆どで、事前審査が承諾になると、本審査の申し込みをするのが一般的です。いずれかの方法により最終的に正式に審査の承諾を得ると、次は銀行との契約の締結が必要になります。この契約の締結により借入金額、金利、返済元利金額、返済期間が最終的に決まる事になります。

普通の銀行の流れではこの段階で支店に出向いて契約を締結しなければなりません。印鑑証明書や実印を持参して取引銀行の最寄りの店舗に出向かないといけないのです。ここで抵当権の設定手続き等登記関連の契約書の締結も行われます。

イオン銀行の住宅ローンは勿論店舗に出向いて行う事も可能ですが、この最終手続きを指定の司法書士の事務所で行う事が可能なのです。

全国共通で受けられるイオン銀行住宅ローンのサービス

どんなに金利が安かったりサービス内容が充実していても、購入物件がその住宅ローンを申し込みしようとする銀行の営業圏外であれば、通常その銀行で申し込む事は出来ません。

例えばA県を基盤とする地銀aの住宅ローンは、a銀行の店舗の近隣の物件しか取り扱いが出来ないのが一般的で、a銀行の支店が1店もないB県ではa銀行の住宅ローンを組む事が出来ない事が多いのです。

イオン銀行の住宅ローン取扱店舗は全国どこでもある訳ではありませんが、物件の場所に制限はありません。
つまりどこに住んでいようがどの物件を購入しようが、イオン銀行の住宅ローンの各種サービスを全国共通で受ける事が出来るという事なのです。

ワンポイント情報