イオン銀行の審査は?審査期間は?

⇒ 収入が不安定など、審査が心配な人は必ずこの住宅ローンも必ずチェック!

News! 審査が心配な人のための住宅ローン


⇒ 他の銀行の住宅ローンの審査や審査基準 もチェックしましょう!

みずほ銀行住宅ローン 三菱東京ufj 住宅ローン 三井住友銀行住宅ローン
住信SBI 住宅ローン SBI 住宅ローン 新生銀行住宅ローン
楽天銀行住宅ローン 東京スター銀行住宅ローン


物件も決定。資金計画も万全。
では、イオン銀行住宅ローン審査はどう進めていけばいいのでしょう?こちらで詳しくご紹介いたします。

まず、住宅ローンの審査基準として「年収」というのが
一番気になるところだと思います。

イオン銀行住宅ローンの審査基準として嬉しいのがズバリこの「年収」。

通常、「年収300万円以上でないと融資が出来ない」という銀行が多い中、
イオン銀行住宅ローンの審査を受ける際の基準は
「前年度の年収が100万円以上

※ただし、以下2項目が条件となります。
 ・給与所得者の場合は6ヶ月以上勤務していること
 ・会社経営者の場合は事業を開始してから3年以上が経過していること

また、年収以外にも、

  • 繰上げ返済手続きの手数料が無料
  • 保証料0円
  • 8大疾病保障も別途加入可能!

など、嬉しい機能が付いているんです。

さらに!

  • 5年間、イオンでのお買い物が毎日5%オフ!
  • ワオンポイント進呈

など、流通系ならではのサービスも付帯されています。
(詳細は公式ホームページをご確認ください。)

イオン広告

また忙しい方のためにWEB申し込みの場合、借入までの手続きが来店不要です。
とても便利ですよね。

しかし、窓口がネットや郵送だけだと、心もとない……という人が多いのではないでしょうか。その点、イオン銀行だと、インストアブランチと呼ばれるショッピングモール内の店舗があります。

ネットか窓口で申し込みをし、窓口に書類を提出できるので安心。
書類不備の心配が減るため、審査期間も3週間程度とスピーディです。
また、他行に比べると、準備する書類関係も若干少なめと、心強い利点が多いのが特徴です。

通常、新築でも中古でも、不動産業者が提携先などを紹介してくれます。(社内融資は除く)
ですが、紹介先としてイオン銀行を提示する不動産業者は、ほぼ0と考えていいと思います。

ネット系銀行や、イオン銀行のような新規参入銀行は、ほとんどの案件がお客様からの直接融資申し込みとなっています。
ネットや郵送を通じて自分で申込みをし、契約、融資実行までの段取りを自分でしなければなりません。

こういった段取りは、通常は不動産業者の役割でした。しかし、自分で申し込みをし、契約をする以上、お客様自身が銀行と不動産業者の橋渡しをする意識が必要です。

不動産業者に任せていれば楽ですが、実際に金利は何パーセントなのか、どういう商品なのか分からないという方も少なくありません。
自分はローン契約書に何枚もサインをしただけという印象しか残っていないという方も多いでしょう。

それはそれで幸せなことかもしれませんが、やはり長年返済する住宅ローンですから、自身で色々と調べて知識を付け、大変でも自身で申し込みをする方がよいのではないでしょうか?

その分、金利の安さや各種メリットが受けられるのですね。