イオン銀行住宅ローン8大疾病保証付きの凄さ

団体信用生命保険の事、ご存知ですか?

イオン銀行住宅ローンは安い保険料で8疾病保障の保険を付保する事ができます

普通住宅ローンを組む時、団体信用生命保険の加入が条件となっていますが、イオン銀行住宅ローンのように8疾病保証が無い死亡生命保険のみの銀行の住宅ローンもあります。

このイオン銀行8疾病保障住宅ローンの説明をする前に、まず団体信用生命保険とは何なのかをご説明します。

団体信用生命保険とは、住宅ローンの借主が死亡又は高度障害になった時、「借入の残高分だけ」保険が支払われるという保険です。
「借入の残高分だけ」というのは、つまり死亡又は高度障害になった時、借り入れがそっくりそのまま無くなるという事です。

ですから、借入残高が少なくなって借主が亡くなったからといっても、生命保険からの振り込みがあるという事はありません。借入が無くなるのです。

普通一般の住宅ローンはこの団体信用生命保険の加入は絶対条件です。
何故なら住宅ローンは金額も大きいし、借主に万が一の事があればそのローンはデフォルトを起こす可能性がとても大きいローンだからです。

そしてその保険料は、普通は住宅ローンの支払利息の中から保険会社に支払われます。

イオン銀行の8大疾病保証付き住宅ローンは保証内容が盛り沢山

イオン銀行の8大疾病保証付き住宅ローンは、今説明した団体信用生命保険の保証内容に+「癌」「脳卒中」「急性心筋梗塞」「高血圧症」「糖尿病」「慢性腎不全」「肝硬変」「慢性膵炎」の保証を付け加えたものです。

具体的には「癌」と診断された時借入残高が「0円」となります。癌と診断されて保険金が給付されて完治しても残高は「0円」のままです。

「脳卒中」「急性心筋梗塞」で所定の状態が60日以上継続した時借入残高が「0円」となります。
又「脳卒中」「急性心筋梗塞」により就業不能となった場合は最長2カ月間のローンの返済が保証されます。

「高血圧症」「糖尿病」「慢性腎不全」「肝硬変」「慢性膵炎」で就業不能状態が12カ月を超えて継続した場合、住宅ローンの残高が「0円」になります。

保険料は借入金利+0.3%です。逆に言うと+0.3%で死亡生命保険に加え8大疾病保障の保険に加入できるのです。

実際に計算してみると、3,000万円・1%・30年払で組んだ時の返済金額は96,491円/月となりますが、同条件で金利0.3%上乗せの1.3%の場合100,681円/月となります。
かなりのお得感が実感出来ると思います。
※保険には多くの条件があります。詳細はイオン銀行HPで御確認下さい。

ワンポイント情報