つなぎ融資を組むならイオン銀行住宅ローン

イオン銀行の住宅ローンにはつなぎ融資があります

イオン銀行の住宅ローンには、「つなぎ融資」という便利な制度があります。

「つなぎ融資」とはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、新築等で住宅ローンを組む時に必要になるケースが多く、もしこの「つなぎ融資」の制度が無い住宅ローンであれば、新築を依頼する業者選びの選択にも制限が出てきてしまうのです。

工事請負契約

既に所有している敷地の上に、住宅を新築する場合の契約形態は「工事請負契約」になります。

「工事請負契約」の場合代金の支払いは基本的に‘手付金’‘着工時’‘上棟時’‘引渡時’という様に分れます。建売住宅やマンションの購入と違いこれから建築する訳ですので、業者側もかかる建築代金を先に受け取っておきたいのです。勿論「工事請負契約」でも代金は‘引渡時’に一括というケースも無い事も無いのですがレアケースと考えていた方が良いでしょう。

例として3,000万円の「工事請負契約」であれば、○年○月○日「工事請負契約」契約締結時に200万円の支払、○年○月○日支払‘着工時’に800万円支払、○年○月○日‘上棟時’に1,500万円支払、○年○月○日引き渡し時に500万円支払等という様に契約されます。

つなぎ融資

このような「工事請負契約」の支払に対応する為に「つなぎ融資」が必要なのです。

上記の例でイオン銀行の「つなぎ融資」制度を利用すると、先ず住宅ローンの融資2,800万円の承認が下りる事が前提です。そして契約時に自己資金200万円支払います。そして先に融資承認を受けた住宅ローン2,800万円のうち、着工時に「つなぎ融資」800万円、上棟時に「つなぎ融資」1,500万円を受けてその都度業者に支払ます。

そして引渡時に2,800万円の最終融資を受けて、先に受けていた「つなぎ融資」の合計額2,300万円を返済して、差引500万円の支払を業者にするという流れになります。

そして翌月から2,800万円の住宅ローンの返済が始まる訳です。もしこのイオン銀行のような「つなぎ融資」の制度が無ければ、何回も正式な住宅ローンの契約を結び直す必要があり、多大な費用と手間暇が掛かる事になるのです。イオン銀行の「つなぎ融資」は非常に便利な制度なのです。

但しこのイオン銀行の「つなぎ融資」を受けるための手続きは、店舗のみのみになっています。詳細は事前に確認が必要です。

つなぎ融資を利用する際の一般的な流れと必要書類

つなぎ融資についてはイメージができましたでしょうか?

このつなぎ融資があるとなしでは、家を建てる際に大きな計画変更などが必要になってくる場合があるのです。

それでは、このつなぎ融資は、どのような手順で使われるのでしょうか?

今後家を建てる場合の事も考えて、知っておかれた方がいいと思いますので、一般的な流れと必要書類について簡単にご説明致します。

★必要書類★
※各つなぎ融資を借り入れできる金融機関で変わってくる場合あります。

  • 建築確認申請書(1面~5面)コピー
  • 建築確認済証コピー
  • 建築確認申請書に添付した配置図・平面図・求積図コピー
  • 土地不動産売買契約書コピー
  • 土地重要事項説明書コピー
  • 工事請負契約書コピー
  • 着工検査書類コピー
  • 中間検査書類コピー・・・など

★掛かる費用★
※各つなぎ融資を借り入れできる金融機関で変わってくる場合あります。

  • 印鑑証明、住民票などの書類
  • 申込みの印紙(2万円ほど・借入額により異なる)
  • 融資の手数料(数万円)
  • つなぎ融資の利息
  • 振り込み手数料・・・など

つなぎ融資が通れば、あとは建築会社につなぎ融資で費用を支払い、住宅が完成した後、登記を済ませて、その住宅を担保に実際の住宅ローンを組んで、今度はその融資から、つなぎ融資で借りたお金を返済していく形になります。

つなぎ融資は、金利が若干高めの場合が多いのも特徴ですので、必ず各銀行や機関で、確認や調査を行ってください。

但しこのイオン銀行の「つなぎ融資」を受けるための手続きは、店舗のみのみになっています。詳細は事前に確認が必要です。

「つなぎ融資」の金利や融資可能な金額については店舗でのご相談が必要なので、店舗まで連絡してください。

ワンポイント情報